Top Page概要活動入会のご案内イベント情報刊行物のご紹介文献情報検索サービスその他のサービス



交通工学研究会は、 道路交通に関する社会の要請に応えて交通工学に関する研究を行い、道路交通の安全と円滑化を通して社会の健全な発展に寄与するとともに、交通工学に携わる技術者を育成することを目的として1966年(昭和41年)に設立されました。以来、交通工学に関し主導的な役割を果たしてきましたが、道路交通に関する研究をいっそう促進させることを目的として、1979年(昭和54年)に社団法人として生まれ変わりました。その後、1980年(昭和55年)には国際交通安全学会賞の栄えある第一回学会賞(業績部門)を受賞するなど、交通工学を専門に研究するわが国唯一の研究機関として多くの業績を上げております。



会長写真
一般社団法人への移行に伴う法人名称変更のお知らせ


 当会は2011年4月1日より「一般社団法人 交通工学研究会」として、新たに出発することになりました。1966年に設立されて以来、交通工学の分野ではわが国初の学術団体として、研究開発、専門家の養成等をとおして社会貢献してまいりました。

 1979年からは社団法人となり、これらの活動を一層活性化させてまいりましたが、この度さらに公益法人制度改革に伴い、一般社団法人へと生まれ変わることになりました。

 当会は、産学官の緊密な連携の下、交通インフラと交通運用のベストマッチを実現することについて、多くの学術的かつ実用的なノウハウを蓄積してきました。

 また、信号制御、道路幾何構造、交通容量、交通規制など伝統的な交通工学の分野を維持しつつ、TDM、公共交通、ネットワーク信頼性、自転車・歩行者、バリアフリーなど、時のニーズに合わせてその守備範囲を大きく広げてまいりました。

 この新法人においては、より自由で柔軟な組織体制の利点を最大限生かして、実社会に根差した学術団体として、今まで以上に社会貢献する所存であります。高齢化の進展、経済の国際化と競争の激化、地球環境保全要請の高まりなど、内外の情勢が大きく変化する中で、当会への期待が高まるとともに応分の責務も果たさなければなりません。会員各位、関係行政機関、民間企業をはじめ、多くの関係者からの一層のご協力とご支援をお願い申し上げます。


backhome
Designed by Hi-matic STUDIO, Tokyo
Copywrited by Japan Society of Traffic Engineers

© 2011 一般社団法人 交通工学研究会