Top Page



生活道路の交通安全対策

交通工学研究会では、1996年「コミュニティ・ゾーン形成マニュアル」、2000年「コミュニティ・ゾーン実践マニュアル」、2004年「コミュニティ・ゾーンの評価と今後の地区交通安全」、を出版し、対策の推進に努めてきました。

 「生活道路のゾーン対策マニュアル」も、出版から5年間が経過し、「ゾーン30」「生活道路対策エリア」といった生活道路対策における新たな制度が始まり、全国各地で実践的な取り組みが数多くなされてきました。これを、より広く普及し、対策をさらに推進していくことを目指し、この5年間における最新の制度・取り組み・知見を加筆し、2017年「改訂 生活道路のゾーン対策マニュアル」を出版いたしました。

 今後も、生活道路の安全対策のさらなる普及を目指した活動を行っていきます。

□改訂 生活道路のゾーン対策マニュアル

 本マニュアルは、市民、道路管理者・警察などの行政の担当者に対して、今後の生活道路におけるゾーン対策の基本的考え方と進め方および具体的な手法に関する情報を提供し、交通の安全性や円滑性の向上に加え、より良い地区環境の創造に資することを目的として整理したものです。改訂のポイントは、2011年から行われている「ゾーン30」の整備、そして2016年3月「凸部、狭窄部及び屈曲部の設置に関する技術基準」への完全対応です。最新情報を必要とする実務者の方にも、生活道路や通学路を守る市民の方にも、広くご一読いただきたい一冊です。

 

 

 

 

 

 

□生活道路のゾーン対策講習会

 進展しつつある生活道路対策の最新の動向を紹介するとともに、大幅改訂にされた「改訂 生活道路のゾーン対策マニュアル」の内容について解説する講習会を定期的に開催しています。

 

 

 

 

□生活道路のゾーン対策『出前講座』の開催

 生活道路対策の実務に長けた技術者や学識経験者が、全国どこにでも駆けつけて、「改訂 生活道路のゾーン対策マニュアル」の説明や質疑応答をさせて頂きます。ゾーン 30 導入に係る協議会等での利用のほか、 自治体・警察の新任研修や、町内会・自治会での交通安全対策を考える集まりなど、様々な機会にご活用ください。

 

 

 

□Q&Aコーナー

 これまでの「生活道路のゾーン対策講習会」(平成24年7・10月、平成29年9・10月開催)において、参加された皆様からよせられたご質問をもとに、よくあるご質問とその回答を整理しました。

 

 

 

 

 

□道路安全診断

 

 

 

 


backhome
Designed by Hi-matic STUDIO, Tokyo
Copyrighted by Japan Society of Traffic Engineers

© 2011 一般社団法人 交通工学研究会